2006年3月31日 (金)

IT系の雑誌の休刊が続く(おまけ:「子供の科学」はすごいぞ)

ここではマンガ専門の話題に集中しようと思っていたのですが、時々イレギュラーな話題が入ってきます。
私はソフトウェア関係の仕事が本業ですが、ここ最近ASAHIパソコン、JavaPress、Internet Magazineと続けて休刊になりました。

 

JAVA PRESS Vol.47 Book JAVA PRESS Vol.47

販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Java Pressは隔月刊で1700円もするのですが技術者向けの記事は充実していました。創刊から8年、特に休刊とはっきり書かれてないようですが、不定期刊になるのでしょうか。

 

JAVA PRESS 特別総集編 Book JAVA PRESS 特別総集編

販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

総集編がPDFに収められたようなので、昔買ったバックナンバーとかはろくに読まなかったけどもうオークションなんかでは売れないかしら。収録されていない記事もあるようですが、この手の本は古本でも引き取ってくれないのですね。でも90年代初めの頃より前のソフトウェア工学の本は復刊したりしています。Javaが生まれて今年で十年、歴史をたどってみるのは面白い気もしますけれど。

そしてInternet Magazineですが、まだ最終号の写真が載っていませんね。

(載ったので差し替えました)

INTERNET magazine (インターネットマガジン) 2006年 05月号 [雑誌] Book INTERNET magazine (インターネットマガジン) 2006年 05月号 [雑誌]

販売元:インプレスコミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


こちらは創刊から12年経っており、かつてはプロバイダ選びのためによく購入しておりましたが、誌面の内容もずいぶん変わりました。最近はギガバイト単位でのホスティングも当たり前になってきて時代の流れを感じます。
特集はGoogleサービスの徹底解剖。ココログを使っている人はYahooを使っていてもGoogleを知らない人も結構多いのではないでしょうか(私の職場でもGoogle使ってない人は結構います)。いまやただの検索エンジンからえっこんな機能があるの?と驚くこと請け合いです。巻頭インタビューは元マイクロソフト日本法人社長の古川亨さん。今のマイクロソフトは技術動向を補足し切れていないことや、AppleのiPodの成功の本質が、音楽を聴くという文化を徹底的に掘り下げて理解して、マスターカードに匹敵するような課金と認証のシステムを作り上げ、クレジットカード会社もできなかった新しい社会インフラを作り上げたからだということを喝破していまして(それにしても日本のメディア産業の上層部は文化というものががわからないんじゃないですかね)、Google特集と合わせて必読といえましょう。

この二つの例は、インターネットが普及したことによって月刊、隔月誌という形態のメリットが感じられなくなってきたという出版社側の思惑の表れのようにも思います。最近は無料でも会員制のWebサイトが続々創設されており、マス向けではなくて読者の情報登録を用いて細かく密接にマーケティングしていこうということなのかもしれません。インターネットで儲けるには認証の仕組みは必須です。まだ一般的には不安も多いでしょうが、ソフトウェアやパソコン関係の受け手は積極的に参加していくようになるでしょうね。

ITのイメージというとライブドア事件でなんか魑魅魍魎うずまく世界のように思われる方もいるのかもしれませんが、ここ1,2年で新しい動きが出てきました。もっと生活も仕事も豊かにしよう、という意識改革がはじまっています。そこでJava Pressの版元が最近仕事術のムックを出しています。

 

Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~ Book Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~

著者:田口 元,安藤 幸央,平林 純,角 征典,和田 卓人,金子 順,角谷 信太郎
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本ですが、コンピュータ業界だけを対象としたものではなくて、どんな仕事をしている人であっても、仕事を楽しくしながらもっとクリエイティブに、そして質を高めようという方法論やツールの紹介をしています。ここでの一番大きな発想の転換は、デジタルツールなんかを使いこなせないよりも、文房具の使い方と手を使って書くことのほうがいいことがたくさんある、ということで、最近流行の手帳術にも通じるところがあり、よって誰にもお勧めできるものです。その一方で、Googleの全サービス活用法や、ブログ、RSSリーダなど「使える」デジタルツールの紹介もされていますので、自宅にパソコンがあってなにかクリエイティブに使いたい、というような方にもお勧めします。なおGoogleの活用編についてはInternet Magazineのほうがずっと見やすくてグッドです。

続きを読む "IT系の雑誌の休刊が続く(おまけ:「子供の科学」はすごいぞ)"

| | コメント (4)